女性専用の離婚相談
 新着手品
 関連記事
 外部リンク
 管理人
「熟年離婚」という離婚原因
ここ数年で急増しているのは「熟年離婚」です。
年々増加傾向にあって注目されている熟年離婚ですが、それまでの離婚率は"結婚5年以内"が一位でした。
そこを追う勢いだというのは何か理由があるのだと思います。

熟年離婚の要因としては、第二の人生を歩みたいということ。
夫や子供の為に自分の時間を犠牲にしてきた人生をもう一度やり直したいということになります。

女性が一区切りつく要素は様々。
子供が成人した、夫が定年退職したなど。

女性が働ける時代になったとは言え、専業主婦をしていた方にとっては離婚をするのは経済的に不安なはずです。
そこで夫が定年をした際に出る退職金。
離婚をすればその退職金も財産分与として扱われるので、定年を機にという女性が多いそうです。

あとは夫が定年退職をしたとなると、自宅での一人の時間がなくなるということ。
昼間は夫が家に居ないことが当たり前だった生活から、共に生活する比重が多くなり邪魔になったという意見もあります。

まとめると熟年離婚の原因は「時間」と「子供」。
定年をしてからの熟年離婚と、子供が成人になってからの熟年離婚の2通りあるというのが現状だと思います。

しかしそう熟年離婚をしたいと思っても、夫が納得いかずに離婚が長引くというケースが多いのも注意しなければいけない点なのではないでしょうか。
離婚相談所義家族の存在