女性専用の離婚相談
 新着手品
 関連記事
 外部リンク
 管理人
「性格の不一致」という離婚原因
女性部門の離婚原因で一番多いのは「性格の不一致」。
これはダントツと言っていい程、圧倒的多数を占めている離婚原因になります。

正直言ってしまえば、生活環境が違う赤の他人が一緒に生活するわけですから、性格が違うのは当たり前のこと。
更に言えば、その違う部分が自分に無い所と捉えて相手に惹かれた人も多いはずです。
しかし圧倒的に多い「性格の不一致」にはちょっとしたからくりが隠されています。

例えば不倫、浪費癖、DVなど。
これらは離婚の上位を占める離婚原因ですが、社会的な体裁を気にして「性格の不一致」としている夫婦が多いということ。

そして逆になんとなく合わない、決定的な理由が無いという夫婦も「性格の不一致」で片づけることが多いです。
つまり離婚をするには、一番便利で都合の良い言葉だということになります。

なので「性格の不一致」だけが離婚原因という人はあまりいないと思います。
常にランクインする「性格の不一致」は実はその裏には真実の離婚原因があるはずと思っておきましょう。

そして気をつけなければいけないことが、「性格の不一致」だけでは法律的には離婚が認められません。
双方の合意があれば別ですが、離婚に同意せず裁判で争う原因が性格の不一致ではほとんど通用しないと思います。

認めてもらうには性格の不一致が原因で夫婦関係が破綻、または長い目で見ても修復不可能だと判断されてば可能性はあります。

便利な言葉であることは間違いありませんが、法律的には認められにくいことを覚えておきましょう。
義家族の存在